2012年05月09日

ネットワークビジネスと山岡議員(民主党)との不思議な関係とは???

ネットワークビジネスと山岡.jpg


政権与党になって、3年近く。
今、なにかと言われている民主党ですが...
この民主党の山岡議員が、ネットワークビジネスに関係していた
ことがあります。

この山岡議員、「健全なネットワークビジネスを育てる議員連合」
の顧問だったようです。

その関係もあってのことでしょうか?

ネットワークビジネス業者が集まったセミナーで、山岡議員が
過去、講演をしたのですが...

受け取った講演料自体は、妥当な金額で、なんら違法性のあるもの
ではありません。

ところが、講演を依頼した団体なんですが、この中にかつて行政処分
を受けたことのあるネットワークビジネスの会社が加盟していたこと
が判明し、問題になりました。

インターネットの百科事典ウィキペディア(Wikipedia)にもこの
山岡議員の事件のことが書かれていました。

山岡賢次衆議院議員
民主党国対委員長

健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟の事務局長で
ある衆議院議員の前田雄吉が、業界から少なくとも1156万円
の講演料と、代表である政党支部への政治献金を受け取って
いたことが新聞に記載された。

中略

講演料や政治献金は違法性は無いが、講演料を支払った
マルチ業者の一部が業務停止命令を受けていたことから
道義的責任を取り、前田はを離党し次期総選挙への不出馬を
表明した。


ちょっと、山岡議員の件は、騒ぎ過ぎではという気もします。

誰もが知っている上場企業だって、過去、談合やら何やらで、
行政処分を受けた過去くらいはあります。

そういった会社から政治献金を受けていても、別に騒がれは
しません。

とはいえ、ネットワークビジネスに対する世間の見方を考えると、
いろいろと言われてしまうんでしょう。

そういえば、ネットワークビジネスの会社がスポンサーになって、
サポーターが猛反対したJリーグのチームがありました。

そういった逆風の中で、友達にネットワークビジネスをひたすら
勧誘する...これが今のネットワークビジネスのスタイルです。

殆どの人は、とても出来ない!と思うでしょう。



ネットワークビジネスは、世間ではあまり良いイメージで見て
もらってくれません。

「友人に無理に商品を買ってもらって、交友関係がギクシャク」
「ねずみ講みたいなヘンな商売」

おおかた、こんな感じでしょうか?


そして勧誘した人から片っ端から断られる...だけではなく、

「なんか、変な勧誘やってる人」

と周囲から噂のマトにされて...


その後、どうなるかはもう、火を見るよりも明らかですよね。




もし、それがイヤならば、勧誘の方法を変えてみればどうでしょう?

従来の口コミによる方法ではありません。



友人、知人を勧誘しない。

インターネットでリクルートするシステムがあります。

実際に、このノウハウでネットワークビジネスをやった方の中には、


最初は副業だったのに本業の収入を超えてしまった方もいれば

主婦をしながらやっているうちに、旦那の給料を超えてしまった方
もいます。




ちなみに、一切、周囲の友人とか親戚とかに声をかけていません。


では、ネットワークビジネス人口の0.2%の人しか知らない、
その方法とは?

その一部を、セミナー形式で紹介しています。

まずは、こちらをご覧ください。
 ↓↓

友人の勧誘禁止!
常識をひっくり返したネットワークビジネスノウハウ!



無料ですから、受けてみて損はないと思いますよ。
(但し、一部のネットワークビジネスの会社では使えない可能性があります。)
posted by 特命係長只野課長 at 01:16| Comment(0) | 山岡賢次とネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

山岡賢次議員、ネットワークビジネス業界との黒い関係の真相とは?

山岡賢次とネットワークビジネス.jpg


民主党の衆議院議員、山岡賢次氏とネットワークビジネスとは、いろいろ
言われていますね。

wikiにも出ています。

===================================
山岡賢次(やまおか けんじ、旧氏名:藤野 賢二、旧氏名における旧姓:金子)

義父の山岡荘八(本名は藤野庄蔵)の秘書として、作品の管理などに務めた。
2007年11月まで健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟の会長として
活躍。
現在は同党の藤井裕久に会長職を譲り、顧問として活動している。

マルチ商法をネットワークビジネスと呼び、推奨している。
健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟の顧問をしており、マルチ商法
関連団体でマルチ商法を推奨する講演を行っていた。

山岡の事務所は「講演を依頼されて行った、講演料などは受け取っていない」
とコメントしている。

2008年10月10日、衆議院内のIPアドレス(210.136.96.22)から「山岡
対委員長のマルチ商法関連記述」、等の削除、「ネットワークビジネス・ネット
ワークビジネス推進議連・健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟」から
民主党議員情報の削除または全削除が行われた。

2009年3月18日、この問題を参院予算委員会で自民党の森雅子議員が取り上
げると、民主党側は「予算案審議と無関係」と強く反発し、委員会は一時紛糾する
事態となった。
===================================

山岡賢次氏が講演を行っていたとしても、その報酬が妥当なものであれば
別段、問題はありません。

この山岡賢次議員、ネットワークビジネスについて、以前こんな事を言って
いました。

ネットワークビジネスに正しく真面目に取り組んでいる方々が、世間の誤った
『常識』からあらぬ誤解を受け、肩身の狭い思いをされている現状の社会的環境
を、いち早く改善して、この誤った『常識を破壊』し、本当の常識を確立していかな
ければなりません」

ネットワークビジネスは、個人に対応する新しいビジネスであり、時代や国民
の要請でもあると思う。いろいろな誤解や偏見、あるいは業界として未熟な点が
残るのであれば、それは、政治の立場や政治連盟の努力で進めていく」

ネットワークビジネスの可能性を信じ、ちゃんとコツコツやっている人に
とって、国会議員からこうした発言で出るのは嬉しいですよね。

もちろん、ネットワークビジネスにはいろんなトラブルがあり、様々な偏見を
持たれているのも事実です。

とはいえ、この偏見のおかげで、私達にも、ネットワークビジネスでのチャンス
があるのも事実です。

偏見がなければ、大手の企業、著名人たちが本格的にネットワークビジネスに
参入してきます。

そういった人達が本気になれば、とても、私達ではかないません。

偏見があるからこそ、まだ私達のような個人の力で成功できる余地が
残されているのかもしれません。



とはいえ...その偏見により、勧誘がなかなか上手く行かないばかりか、

「ヘンな勧誘やっている人」

と周囲から噂され、自分の周りから誰も人がいなくなってしまい、結局
ネットワークビジネスを始める前よりも悪い状態になって、後悔しながら
挫折してしまった...

そんな結果に終わってしまう人が多いのも事実です。



ところが逆に、この偏見を全く気にせずにネットワークビジネス
ゆうゆうと勧誘活動を続けている人もいます。



ネットワークビジネスの勧誘のシステムは何も、友人や親戚をひたすら
勧誘する、というだけではありません。




そんなことをしなくても、ネットワークビジネスに興味や関心を
持っている赤の他人に呼びかけるシステムもあるのです。


ネットワークビジネスに興味がない、いやむしろイヤがってさえ
いる友人を必死に拝み倒してセミナーに連れて行きますか?


せっかくの貴重な休日をつぶしてまで...


もう、そんなことは止めませんか?




友人、知人を勧誘しない。

インターネットでリクルートするシステムがあります。

実際に、このノウハウでネットワークビジネスをやった方の中には、


最初は副業だったのに本業の収入を超えてしまった方もいれば

主婦をしながらやっているうちに、旦那の給料を超えてしまった方
もいます。


ちなみに、一切、周囲の友人とか親戚とかに声をかけていません。

では、どうやってリクルートしたのか....

ネットワークビジネス人口の0.2%の人しか知らない、その方法を
知りたい!と思うのなら....

詳しくは、ここのホームページにある、メールセミナーを受けてみて
ください
 ↓↓↓↓

友人の勧誘禁止!
常識をひっくり返したネットワークビジネスノウハウ!


(但し、一部のネットワークビジネスの会社では使えない可能性があります。)
posted by 特命係長只野課長 at 23:37| Comment(0) | 山岡賢次とネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。