2013年01月14日

ネットワークビジネス、確定申告するほど稼いでいる人には、秘密のノウハウがあった!

ネットワークビジネス、確定申告.jpg


友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル!

ネットワークビジネスの収入は、サラリーマンの給与所得とは
違います。

法律上は事業所得ということになります。

一種の個人事業というコトですね。

そのため、確定申告をする必要があります。

会社とかで働きながら、サイドビジネスで取り組んでいる場合、
本業の収入ではない、というコトで、事業所得ではなく、雑所得
という扱いになります。

その場合、ネットワークビジネスの所得が年間20万円を超えた
確定申告が必用です。

専従でやっている場合、確定申告が必要になる年間収入は38万
円です。

それで実際に、ネットワークビジネス確定申告する時なんですが、
収入から経費を引いて、その差額に税率を掛けて、税金を納めます。

その経費と認められるものなんですが、

・パソコン、プリンター、インク代、プロバイダー料
・文房具類、書籍、雑誌、机、椅子、本棚
・セミナーの開催費や参加費
・交通費、ミーティングの接待費
・郵送代

といったものから

・家賃
・住宅借入利子
・建物の減価償却
・車
・光熱費

なんかも、場合によっては経費として申請できます。

まだネットワークビジネスを始めたばかりで関係ない、と思って
いる方もいるかもしれません。

しかし、「1年後には確定申告をするほど稼いでいる!」という
目標を持って、経費のレシートや領収証はしっかり、保管して
おきましょう!

確定申告するほど稼ぎたけれど、友達を誘う勇気が...」
という人は...

もっと別の方法でリクルートしてみませんか?





その方法だったら、一切、友人を誘う必要はありません。



それどころか、最初からネットワークビジネスに興味を持っている人が、
向こうからコンタクトをとって来るのです。



実際に、この方法でネットワークビジネスをやった方の中には、


最初は副業だったのに本業の収入を超えてしまった方もいれば

主婦をしながらやっているうちに、旦那の給料を超えてしまった方
もいます。


ちなみに、一切、周囲の友人とか親戚とかに声をかけていません。


では、ネットワークビジネス人口の0.2%の人しか知らない、
その方法とは?

その一部を、セミナー形式で紹介しています。

まずは、こちらをご覧ください。
 ↓↓
友人の勧誘禁止!
常識をひっくり返したネットワークビジネスノウハウ!


今なら、無料で受講できますよ!
*注意・・・この方法は、一部のネットワークビジネスの会社では使えないことがあります。


posted by 特命係長只野課長 at 22:23| Comment(0) | ネットワークビジネス、確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。