2013年01月03日

ネットワークビジネスのTIENS、関係者が話したがらない会社の計画って?


ネットワークビジネスのTIENS.jpg

友達少ない人がネットワークビジネスで成功!その秘密が明らかに!

月刊ネットワークビジネスなんかでよく名前が出てくるTIENS
という会社。

実は中国発のネットワークビジネスの会社です。

1995年に中国に創始者の李金元氏によって設立されました。


「人々に健康を、社会に貢献を」
「世界の企業 TOP500」

という企業理念を掲げており、 栄養補助食品、パーソナルケア製品、
ヘルスケア製品、ホームケア製品を扱っています。


2007年に日本に進出しています。


中国の製品、というと最近の報道の影響なんかで、あまり良い印象
が持たれていないですが、TIENSは、日本で販売している製品は、
日本で製造しているようです。

品質の評判はそこそこいいようです。


TIENSは、2003年、アメリカのナスダックに上場しています。

そして将来は、世界の主要国の株式市場にTIENSを上場させ、
それによってTIENSのディストリビューターに利益をもたらす、
とか...

しかし、ニューウェイズが株式上場の話をしたらどうなったか...

一定以上のタイトルを持つディストリビューターに上場前の株式を
購入する権限を与える、という発表をしたら、その株式の売買利益
を皮算用した一部のメンバーにより、買い込み問題が発生しました。

TIENSはそのあたりどう考えているんでしょうか?

そのあたりをしっかり考慮して、やってもらいたいですね。

その一方で、上場できるのに、あえて上場しない会社もあります。

上場するとディストリビューターだけでなく、株主の利益も考慮
しなければいけません。

そうなるとどこかで、製品の質なんかで株主の利益と相反する
場面があった時、製品の質を犠牲にしなければいけないケースも
発生してくるでしょう。

製品の品質で妥協は絶対にしない。

そういったある意味、職人気質な考え方で上場できる財務
体質でありながら、あえて上場していない会社もあるのです。

私の知っている人で、ネットワークビジネスを友達に頼らず、
インターネットだけで展開し、成功した人がいますが、その
人が選んだ会社もそういう会社でした。↓
友達を誘わない!インターネットだけでMLM成功の道を開いた人が選んだ会社とは?
posted by 特命係長只野課長 at 01:26| Comment(0) | TIENSのネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。